先輩の声01

voice 01

メッセージ

文系出身でも全然大丈夫です。いろんな環境で仕事するので
対応力を活かせますし身につきます!

【新卒採用】 加藤 翼/
第1システム運用部
金融システムの運用

文学部歴史学科出身2015年入社

大学では漫画から日本の文化を研究し、海外との文化の違いを学ぶ

卒論は日本漫画の実写化について

もっと効率的にもっと便利にシステム運用の改善提案を行っています

入社後すぐ金融系システムの運用の部署へ配属になりました。文系出身者でもできるかどうか不安でしたが、1年目は手順書を見ながらシステムを動かしていく仕事だったので、理解しやすかったです。

その後、2年目からは今までの働きぶりが評価され、そのシステム運用の改善提案を担当することになりました。もっと効率的に運用するにはどうすればいいか日々考え、提案、実行するのが仕事です。

大学時代に学んだ文章能力を活かせています

現在担当している仕事では、手順書や提案書、報告書などを作成しますので、大学時代に培った文章能力とても活かせています。まさかIT業界で文章能力が必要だったとは入って初めて知りました!!!

自分の改善案で「楽になったよ!ありがとう」と言われ、やりがいを実感
いい意味で「楽」に仕事をすることがモットー

元々、作業者として動かしていたシステムの改善活動を行っているので、昔の仲間に「楽になったよ!ありがとう」と言われた時ははとてもやりがいを感じます。

作業者の時はミスをしたりと苦い思いでもあったので、少しでもミスもが出ないような運用方法や効率的なやり方を企画し提案していきたいと思います。

昔から良い意味で仕事は「楽」にやる、という事を大切に仕事をしていたので、自分の仕事も他の人の仕事も「楽」に出来る今の業務はとてもやりがいを感じています。

今後は、運用や改善はしてきたので、作り手である開発の仕事にチャレンジしたいと思っています。

出会いは学内説明会。直感で決定!
文系出身者だからこそ内定者研修で学ぶことが多かったです

ソフタスを決めた理由は正直に言うと直感です。これが縁というやつでしょうか(笑)また、内定者研修はとても分かりやすかったです。文系出身者だからこそ新たに学ぶことは多く、同期と和気あいあいと学びました。今後は業務をもっと効率的にすべく、マクロ機能を活用していきたいと思っています。