社員育成

human resource development

やりたいこと・知りたいことはどんどん言おう
「成長の場」はソフタスが用意します

大切にしているのは社員個人の未来志向や適性をしっかりと認識し、それぞれに合った育成をすること。
ですので、基本の研修はもちろん、「目標や志向に合わせた研修プログラム」が用意されています。

「社員自身の自己実現が達成されること」と同時に「会社は社員の心の充実と共に業績として結果を残す」
これがソフタスの指導育成の目標です。

内定者研修

内定時:早期研修※希望者のみ、コンピュータ基礎、用語の学習(ITパスポートの教科書を使って勉強します)。3~4月研修:ビジネスマナー研修(ビジネス文章やメールの使い方、名刺交換、電話対応、セキュリティ研修 など)、IT技術研修(Excel・Word研修、コンピュータ基礎、ネットワーク・クラウド、Linux、プログラミング)
内定時:早期研修※希望者のみ、コンピュータ基礎、用語の学習(ITパスポートの教科書を使って勉強します)。3~4月研修:ビジネスマナー研修(ビジネス文章やメールの使い方、名刺交換、電話対応、セキュリティ研修 など)、IT技術研修(Excel・Word研修、コンピュータ基礎、ネットワーク・クラウド、Linux、プログラミング)
内定者研修の様子
内定者研修の様子

新人研修 ※入社1年目の例

4~6月研修:3か月のOJT期間(配属先にて先輩に教えてもらいながら実際の業務を覚えていきます。机上の学習よりも技術、知識、ビジネスマナーを学ぶことができます。)、6~12月(ITパスポート(国家資格)取得の勉強会。毎月簡易テストを行い、各社員の進捗状況をチェックします。※既に取得済みの人は、次のステップの勉強ができます。)、随時~3月研修:ステップアップ研修(本人の将来志向を踏まえて今後のスキルアップに繋がる資格を選定し、資格取得を目指します。例:基本情報技術者試験、CCNA、LPICなど)
4~6月研修:3か月のOJT期間(配属先にて先輩に教えてもらいながら実際の業務を覚えていきます。机上の学習よりも技術、知識、ビジネスマナーを学ぶことができます。)、6~12月(ITパスポート(国家資格)取得の勉強会。毎月簡易テストを行い、各社員の進捗状況をチェックします。※既に取得済みの人は、次のステップの勉強ができます。)、随時~3月研修:ステップアップ研修(本人の将来志向を踏まえて今後のスキルアップに繋がる資格を選定し、資格取得を目指します。例:基本情報技術者試験、CCNA、LPICなど)
新入研修の様子

Softas Advanced Consultant School
(SACS)

受講者の条件は、次のいずれかに該当する社員です

  • (1)企業経営に興味がある社員
  • (2)コンサルタント志向を持つ社員
  • (3)コンサルティング事業に興味がある社員
  • (4)幅広く自己の可能性を発掘したいと考える社員
1年目:教本から学ぶ(ドラッカー理論を教本に経営に興味を持つこと)・2年目:社内トレーニング(ドラッカーで学んだことを社内業務からテーマを決めて、これに対して実際に、コンサルティングを体験する)・3年目:ケーススタディ(経営の視点を持ち、現社会もしくは身近な業務との比較、あるいは紐付けして検証を行い、コンサルティングのケーススタディを実施)・4年目:OJT(コンサルティングのOJT、実在するお客様に対して、先輩社員と共にコンサルティング業務の実践を行う)
1年目:教本から学ぶ(ドラッカー理論を教本に経営に興味を持つこと)・2年目:社内トレーニング(ドラッカーで学んだことを社内業務からテーマを決めて、これに対して実際に、コンサルティングを体験する)・3年目:ケーススタディ(経営の視点を持ち、現社会もしくは身近な業務との比較、あるいは紐付けして検証を行い、コンサルティングのケーススタディを実施)・4年目:OJT(コンサルティングのOJT、実在するお客様に対して、先輩社員と共にコンサルティング業務の実践を行う)

研修終了後の進路

  • (1)経営コンサルタント
  • (2)システムコンサルタント
  • (3)システムエンジニア
  • (4)育成講師、リーダー、マネージャー、営業、スタッフ業務など

各自の志向に合わせて進路を決定する。

いずれの選択も、研修で学んだ経営に対する興味を持ち合わせることで、
各分野において業務の質を高め、意義ある社会活動が実現できると信じております。

キャリアプラン面談

私達は、社員自身が成長を実感できることが重要だと考えます。

例えば、「将来何をすればいいのか?自分が得意な分野は何か?」不安や迷いを抱える社員に対し、上司は社員が進むべき道を導いていきます。そのためには、上司が社員の志向や適性を把握するキャリアプラン面談が必要になるのです。

キャリアプラン面談とは、長期的視点では社員の希望業務や将来像を明確にするとともに、短期的視点では現実的な目標に落とし込みます。そして、年2回実施する人事考課期間中に、目標の進捗状況の確認や社員の進むべき道を再確認します。

このように、会社と社員の二人三脚で、社員自身が成長を実感できるように支援していきます。

そして、社員が成長することにより、人事考課の評価基準に従い、報酬に還元される仕組みがあります。

上期:キャリアプラン面談(社員の希望業務、将来像を明確にするための支援、目標の設定、目標の進捗状況の確認)・下期:キャリアプラン面談(目標に対するフィードバック、社員の希望業務、将来像の再確認、目標の再設定、目標の進捗状況の確認)
上期:キャリアプラン面談(社員の希望業務、将来像を明確にするための支援、目標の設定、目標の進捗状況の確認)・下期:キャリアプラン面談(目標に対するフィードバック、社員の希望業務、将来像の再確認、目標の再設定、目標の進捗状況の確認)
キャリアプラン面談の様子

ネットワーク研修

研修終了後の進路

ネットワーク研修では1年間でのCCNA取得を目標に研修を進めていきます。研修カリキュラムは実機演習が中心となっており、
机上学習だけでは理解できない部分も実機演習を通じ理解することが可能です。

開始~3ヶ月目:カリキュラム(1.ネットワーク概要、2.ネットワーク構成、3.OSI参照モデル、4.IPアドレッシング、5.ルーター概要、6.疎通確認)・4ヶ月~7ヶ月目:カリキュラム(7.ルーティング概要、8.スタティックルーティング、9.ダイナミックルーティング、10.OSPF(リンクステートルーティング)、11.EIGRP(ハイブリッドルーティング))・8ヶ月目~12ヶ月目:カリキュラム(12.スイッチ概要、13.EtherChannel、14.ACL、WAN)
開始~3ヶ月目:カリキュラム(1.ネットワーク概要、2.ネットワーク構成、3.OSI参照モデル、4.IPアドレッシング、5.ルーター概要、6.疎通確認)・4ヶ月~7ヶ月目:カリキュラム(7.ルーティング概要、8.スタティックルーティング、9.ダイナミックルーティング、10.OSPF(リンクステートルーティング)、11.EIGRP(ハイブリッドルーティング))・8ヶ月目~12ヶ月目:カリキュラム(12.スイッチ概要、13.EtherChannel、14.ACL、WAN)